実習後

保育実習の反省・振り返りは「具体的」にするのがイイ。

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習の「反省」は具体的なほどいいです。

多くの学生が、意外と見落とすポイント。

日誌の「反省」ページをどう書くのか考えてみましょう。

※この記事は1分半ほどで読めます。

動画でも解説!

実習生の実際の「反省」文

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習生が描いた「反省」(振り返り)を見てみます。

印象的な記述は、例えばこんな感じ。

✓ 園児それぞれに異なる対応が求められている。

✓ 生き生き遊ぶようすから、環境構成の意味を考えた。

✓ 保育者の意図を読み取る必要があると感じた。

※個人情報保護のため改変してあります。

非常に素晴らしい反省・振り返りなのですが…、

ゆうた先生
ゆうた先生
具体例が足りない、と言うか具体例がありません。ちょっと残念。
保育学生
保育学生
確かに、どの場面のことかわかりませんね。

次の保育に生かすための反省・振り返りですから、具体的に書くことをおすすめしたいです。

誰と誰が、何をして遊んでいた場面か。

保育者はどう関わったか。その意図はなんだったか。

細かく描写して、それぞれの場面をどう捉えたか記録します。

体験を具体的に記録して初めて、実践で使える教訓を得られますからね。

反省の仕方まとめ、ポイント

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習の「反省」の仕方を簡単にまとめますね。

✓ 遊びを具体的に描写する

✓ 子供・保育者の実際の発言まで記録する

ただ、全部の遊びについて同じボリュームで掘り下げてしまうと、さすがに時間が足りません。

「反省」を簡単、かつ的確にまとめるワンポイントアドバイスとして、取り上げる遊びの場面を限定しましょう。

保育実習レベルでは、1つか2つに絞ればいい思います
※もちろん、内容についてきちんと指導を受けてくださいね。

保育学生
保育学生
観察した場面をすべて「反省」するのは間違いなのですか?
ゆうた先生
ゆうた先生
かまいません。ただ、1つひとつの振り返りが中途半端になってしまうことは避けるべきです。

重要なのは、「見栄えのいい文章」を並べて終わりにせず、体裁が整わなくても「具体的に」反省すること。

保育者になるにあたり、必ずあなたの財産になりますよ!