fbpx
保育ドキュメンテーション

幼稚園の砂場

梅雨明けが待ち遠しい 水曜日。

昨日の遊びの熱気が

砂場のそこここに残っている。

さあ、今日も遊ばなくては!

この山は 水流で何度も崩れ

何度も作り直した 復活の山だ。

川や滝やダムやトンネル…

いろいろ思いついて 掘ったり積んだりするうち

山のあちこちで 土砂崩れが起きるからだ。

幼稚園の砂場は 学びの宝庫。

保育者たちも“子どもになって”遊ぶ。

“教師”としてそこにいると

子どもはすぐに 受け身の姿勢になってしまうからだ。

保育者は 子どもになりながらも

子どもたちが過度に汚れないよう 気を配る。

そうしたつもりだったのが こんなに汚れちゃったのだ!

お母さんごめんなさい!

未就園の方向けLINE