実習前

保育実習の自己紹介は「派手」にする?「地味」にする?

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習での自己紹介は「地味」にやりましょう。
保育学生
保育学生
手遊びやパネルシアターなど「ネタ」を仕込んでおくといい、と聞いたのですが…。

保育実習で自己紹介するなら「少し控えめ」がいいです。

反対に、「派手」な自己紹介は子供の発達にとって「害」となる恐れも。

あなたの自己紹介を成功させるためのアイデアをお話ししますね。

※この記事は3分ほどで読めます。


動画でも解説!

自己紹介する「相手」の特徴

ゆうた先生
ゆうた先生
あなたが保育実習で自己紹介する「相手」は誰ですか?

そうですね。子供達です。

例えば、あなたが語学留学に行ったとして…

英語しか理解できないホストファミリーに日本語で自己紹介するでしょうか?

相手は「???」と思うはずですよね。

同じように、幼児の内面に合わせて話さないと自己紹介は失敗します。

ゆうた先生
ゆうた先生
そこで、2歳~6歳くらいのお子さんの「発達段階」を考えてみます。

非常に大ざっぱに言えば、このお歳の人は「意欲」を育てる時期。

自分の中から生まれる「意欲」の芽を育て、使いこなせるようにするのが、この時期の人間の発達課題なんですね。

この特徴に合わせると、必然的に「地味」な自己紹介になるんですよ。

具体的な自己紹介法を提案

自己紹介の方法を具体的に提案してみますね。

ズバリ、「少し控えめ」がいいでしょう。

保育学生
保育学生
みなさんとたくさん遊ぼうと思って、お勉強しに行きました。どうぞよろしくお願いします
保育学生
保育学生
こんな感じですか?

いいと思います。

手遊びいりません。
パネルシアターも風船も不要。

子供の「意欲」を邪魔しないことを重視します。

園ではすでに意欲的な生活が営まれていますから、そこに「そっと入っていく」イメージ。

もちろん、その実習園の意向、上司・先輩の考えもあります。

例えば「うんと元気に自己紹介してね!」のように言われることもあるでしょう。

指導についてくださる先生と相談して決めてください。

「派手」な自己紹介の弊害

反対から考えてみましょう。
「派手」な自己紹介をすると、どうなるか?

「は~い!自己紹介しま~す!」のような自己紹介は、幼稚園・保育園の先生の一般的なイメージですよね。

食べ物や動物の絵で惹きつけてみたり。

パネルシアターで劇のように自分を登場させてみたり。

楽しくやること自体は間違っていませんが、子供の意欲・関心があなたに向かい過ぎてしまうと弊害もあります。

あなたの「パフォーマンス」に気持ちを引っ張られ、子供は自分の意欲を発揮する・形に表すチャンスを失ってしまうのです。

「パフォーマンス」がゼロでなければいけないということではありませんが、

ゆうた先生
ゆうた先生
お子さん達の生活の中に「そっと入っていく」というような気持ちでやる方が好ましいです。

おまけ

責めるつもりはありませんが、子供の発達特性を理解していない人は保育の世界にもいます。

そんな人が描いたと思われる「自己紹介のコツ」は、こうでした。

自己紹介する時はまず、手遊びや歌で子供の意識を奪いましょう

愕然としましたね。「ああ、子供に合わせて保育するつもりはないんだな…」と。

子供の意識=考えをそっと援助するのでなく、奪うつもりでやっているんだな、と思うと寂しい思いです。

ゆうた先生
ゆうた先生
あなたに注目を集めるのは、保育の本質ではありません。

とても大切なことなので、自己紹介の段階から頭に入れておくことをオススメしたいです。