保育学生専用LINE

☑ イベント・実習情報(週1予定)
☑ 質問可(期間・人数限定)
実習中

部分実習・責任実習がつらい。「何をすべきかわかならない編」(保育実習のポイント)

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習では「つらい」経験もたくさんします。その中の1つが…
保育学生
保育学生
「何をすべきかわからない」ですね。とても困ってます。

保育実習では、あなたが担任として保育する場面も。いわゆる部分実習・責任実習ですね。

そんな時に「何をすべきかわからない」と、つらい思いをするでしょう。

ゆうた先生
ゆうた先生
この「何をすべきかわからない」という悩みには、いくつかの種類があります。

大きく分けるとこんな感じでしょうか。

【何をすべきかわからない】3パターン

①右も左もわからない
②行動の理由がわからない
③適切な保育行動がわからない

それぞれ解決策を考えてみましょう。

①右も左もわからない(本当に何もわからない)

ゆうた先生
ゆうた先生
初めに単純な話をします。「1日の流れ、1週間の流れを知ろう」ということです。

おおげさな話でなく、このような単純なことです。

時間行動
8:15~清掃
9:00~登園
11:30~昼食
14:00降園

保育の流れがわかれば、とりあえず動けます。

登園時間5分前になったら

保育学生
保育学生
子供が入るドアを開けておきます。

昼食前には

保育学生
保育学生
お庭で遊んでいる人達を連れてきて手を洗いますね。

※動く前に担任の先生に事前報告します。

子供との生活では、大人がリズムよく動くことが意外と大切。

流れを意識して動いているだけで、あなたの生活も子供の生活もリズミカルになり、とてもいいんです。

ゆうた先生
ゆうた先生
担任が意識する「保育の流れ」は格段に細かいですが、実習の、特に最初の数日間は「時間」が意識できていれば問題ありません。

とはいえ、保育の流れを守るだけでは「お手伝いの人」に過ぎません。「時間通りにリズミカルに」だけで済むのは、よくて観察実習まででしょう。

保育の流れがわかると「本当の」保育実習が始まるんです。

ゆうた先生
ゆうた先生
次に、「流れ通りの行動はできるようになったけど、どのように子供と関わればいいかは全然わからない」という悩みにフォーカスしますね。

②「行動の理由」がわからない(単純行動はできるけど…)

ゆうた先生
ゆうた先生
保育実習で本当に学ぶべきことは何でしょうか?

もちろん、時間通りに動くだけでは保育になりません。

保育行動の「理由」を知ろう、という話題に移っていきましょう。

「行動の理由」を知れば自分で判断できる

・机を移動する
・ハサミを準備する
・子供を遊びに誘う

などの「単純な行動」自体も、もちろん大切なのですが…

さらに大切なのは行動の「理由」。これこそが保育実習で学ぶこと。

ゆうた先生
ゆうた先生
実習では、担任の先生を真似ながら行動の理由を読み取るんです。
保育学生
保育学生
「なぜその行動をとったのか?」がわかれば、別の場面で応用できますもんね!

非常に大切なことですから、わからなければ必ず尋ねましょう。「なぜ○○したのですか?」。

くどいようですが、「担任の先生がとった保育行動の理由」を理解しないと、保育実習の意味がありません。

行動原理の具体例と、その活かし方

ゆうた先生
ゆうた先生
続けて、「行動の理由がわかると、どうなるか?」考えてみましょう。

例えば昨日、「製作したい人がいたら、もっとも使いやすいように机を並べ替える」と習ったとします。

そのわけは何でしょう?

なぜ製作したい人のために机を並べ替えるのでしょうね?

おそらく「子供が自ら意欲的に取り組める環境を整えるため」であるはずです。
※細かい表現は保育者によって違います。

ゆうた先生
ゆうた先生
ではもう1問。縄跳びしたい人がいたらどうしますか?
保育学生
保育学生
「すぐ持ってくるね」と言って縄を用意する、かなぁ…。

正解はいくつもあります。

適切な理由に基づいていれば、まずはOK。

もちろん、担任の先生とコミュニケーションを取りながら進めてくださいね。

その場で相談するのでも、保育の後で尋ねるのでもかまいません。必ず質問してください。
※質問のタイミングは事前に相談しておくといいですね。

その場で質問するなら

保育学生
保育学生
Aちゃんが縄跳びしたいようなので縄を出してあげてもいいですか?

または、後でミーティングの時に

保育学生
保育学生
Bちゃんが縄跳びしたいようだったので縄を出してきましたが、問題なかったでしょうか?

といったふうに。

③適切な保育行動がわからない

次に「保育者の行動ルールはわかるけど子供の気持ちがわからない」という悩み。

ゆうた先生
ゆうた先生
行動原理が頭に入っていても、気持ち(やりたいこと)がわからないと保育できません。
保育学生
保育学生
確かに、ありもしない意欲を伸ばすなんて無理ですもんね。

そうなんです。子供が意欲を感じられないことをやらせても受け身にさせるだけ。

あなたは「目の前の子供が何に意欲を感じているのか?」を想像しなければなりません。

「お庭の鬼ごっこに誘うのがいい?」

「さっきの続きの製作を促すべき?」

「Cちゃん・Dちゃんのレストランごっこに入りたがってる?」

ゆうた先生
ゆうた先生
このように悩む方はとても優秀です。担任の先生と同じ思考だからです。

日誌を書きながら悩みを整理し、担任の先生にも聞いてみてください。

相談する時は具体的にできるといいですね。例えばこんなふうに。

保育学生
保育学生
Eちゃんが手持ちぶさたに見えたので探検ごっこに誘おうとしたのですが、昨日の動物園作りの続きを促した方がいいのかもしれないと思って、声をかけられませんでした。
保育学生
保育学生
このような時はどうしたらいいですか?

担任の先生は、きっと的確な答え+その行動原理を教えてくれますよ。

まとめ

何をすべきかわからない時は、状況によって次のように対応するといいでしょう。

①右も左もわからない→まず保育の流れをつかむ

②「行動原理」がわからない→担任の先生の保育行動の「理由」を想像する

③適切な保育行動がわからない→目の前の子の気持ちを想像する

ゆうた先生
ゆうた先生
どの場面でも「質問する」ことを忘れないでください。実習生は質問するのが仕事みたいなものですから。
保育学生
保育学生
実習をめいっぱい活用したいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA