fbpx
保護者のお手紙紹介

保育ドキュメンテーション

遊ぶことは生きること

昨日の大風が うそのような

のどやかな 金曜の朝。

幼稚園のお庭には

大風さんが 残していった

心引かれるいろいろが。

大笑いの進化形の

おいかけっこ。

朝のルーティン 前まわり。

ひみつ基地の工事。

新しい朝だもの

遊びのための準備がたくさん。

今日の充実へ向かって

それぞれの生活が始まった。

大きい人たちは

前日から続く製作。

着々と進む仕事。

こうしよう ああしようという

イメージの共有。

だんだん 形がはっきりしてくる。

鳥の直火焼きも 設置。

皆 仕事上手だ。

森のお部屋にも

山の お姉さんが。

きょうだいが一人 増えたみたい。

ツリーハウスでも お仕事。

さっき泣いていた子どもも もう笑顔だ。

子どもはえらい。

うっかり楽しくなるのだ。

始終うっかりしているのが

小さい子どもの いいところ。

言うなれば 才能だ。

リズム遊びが始まった お花畑ステージ。

おお、♪ドレミの歌だ!

これ、一年生になった人たちと

よくやっていたものね。

自分たちだけで こんなにできるのだ!

達成感は どんなだろう。

ドレミ初心者も ついつい引き込まれ

おもしろそうだ。

♪テトテトアシトアシトテト。

難しいから 一生けんめい。

その一生けんめいに引き込まれる 小さい人たち。

なんだかわからないけど やりたくなる。

♪時計屋さん

♪春の舞扇

♪オリンピックマーチ

次から次に おもしろいことが始まるので

小さい森さんも 夢中だ。

幼稚園には

やりたいことが いっぱい。

子どもが遊ぶ ということは

子どもが生きている ということと同じ意味だ。

遊ぼう遊ぼう 夢中で遊ぼう。

二度とない幼児期を

思いきり生きようーーー!

 

 

 

未就園の方向けLINE

こちらもどうぞ